2005年05月28日

記憶に残るバースデイパーティー

もう10年以上前の作品ですが、いつでもtammyの好きな映画ベスト10に入っている「ギルバート・グレイプ('93)」。
この映画で初めてレオナルド・ディカプリオの存在を知ったのですがジョニー・デップ派の私もアーニー役のディカプリオの鼻水・ヨダレ垂らし演技には感服!ものすごい存在感です。「レオ様」のイメージでしか彼を知らない人にはぜひ見てもらいたい作品です。

ちなみに原題は「What's Eating Guilbert Grape」。ギルバート何食べてんの?じゃ、ありません。「ギルバートを蝕んでいるもの」とか「悩ませているもの」という意味です。

ギルバート・グレイプ
ギルバート・グレイプ


ギルバート・グレイプ(ジョニー・デップ)はアイオワ州の小さな田舎町・エンドーラで家族とともに父が建てた家で暮らしていた。しかしその父は17年前に突然首を吊ってこの世を去り、それ以来母は過食が止まらず鯨のように太ってしまった。家を一歩も出ない母の代わりを勤めるのは姉のエイミー。15歳の妹エレンは自意識過剰な思春期の真っ只中。そして医者に「10歳まで生きられないだろう」と言われていた知的障害児の弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)はもうすぐ18歳なる。

何もコレといったことは起こらない町のニュースといえば目を離した隙にアーニーがおそらく町で一番高い建物であろう給水塔に登って警察や消防車を出動させる騒ぎを起こすこと位。家族…特に弟・アーニーの面倒をみるギルバートは自分が本当に望むものが何か考えようとしていなかった。そんな彼の心がキャンピングトレーラーでやってきた一人の少女(ジュリエット・ルイス)との出会いによって揺さぶられていく。
この物語はアーニーの18回目の誕生日の一週間前から始まります。
10歳までしか生きられないと医者に宣告されていたアーニーの成長だけが過食症の母の生きていく希望。普段人前に出ない母も今年の誕生パーティーは盛大にしようとノリノリ。娘たちも料理や飾りつけに大張り切り。感情を表に出さないギルバートだけがノリについていけないのだが、アーニーを愛する気持ちは皆と同じ。いや、男の兄弟としてそれ以上かも。アーニーも近所の子供たちに「君のことよく知らないけど、パーティーに来てもいいよ」なんて誘って一大イベントを楽しみにしています。

前日にはすったもんだがありましたが、パーティー当日には多くの子供たちとその親がギルバート家の庭に集まりアーニーの誕生日を祝います。色とりどりの風船、"HAPPY BIRTHDAY"のバナー、たくさんのオモチャ。

他の映画にはもっと豪華な子供のバースディパーティーのシーンがいっぱいあります。
ギルバート家は裕福ではないけれど家族が一丸となって用意したパーティーでアーニーの誕生日はカラフルな記憶に残るものとなりました。

子供を喜ばせるためならどこまでも頑張っちゃうアメリカ〜ンなバースディパーティバースデー

大人でもアメリカ〜ンなバースディパーティに憧れます。レク係のtammyは企画担当。風船で部屋を飾り付けてサプライズパーティなんかもやったことありますよ。
さあ、皆もアメリカ〜ンな誕生パーティを開こう!

まずはインビテーション・カード(招待状)メールから



 8枚入り 税込み893円

こんなペーパーナプキンで気分を盛り上げたり…



 カラフルなペーパーナプキン
税込み420円

アメリカ〜ンな飾りつけも必要!




 アーニーの誕生パーティーではこれと同じタイプのバナーがポーチに飾ってありました。(後で炎に包まれていくシーンが印象的ですが・・・。)




風船もこんなにかわいいものがあるんですね。さすがアメリカ! 
50個入り 税込み2,940円

この映画の誕生パーティーのシーンが好き!というのがあったらコメント残してくださいねかわいい

アメリカ〜ンなパーティを開いちゃうぞ!と早速心に決めた方はぜひココをクリック。
人気ブログランキング」アナタの一押しが次のネタ探しにつながります。

「あの映画の○○はなんだったんだろう?」というものがありましたらご連絡くださいわーい(嬉しい顔)
調べてリポート書いてみます。(tammy早くもネタ切れかexclamation&question




posted by tammy at 22:52| Comment(3) | TrackBack(2) | Occasion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子供の友人のお母さんがアメリカ人だったので、アメリカ〜ンな誕生パーティー、ハロウィン・パーティ、公園でのエッグ・ハンティング(イースターエッグ作り等)を経験しました。
大人がとても楽しんでいたのが、印象的ですね!

ところで、映画の中のアメリカ〜ンなシーンと言えば、なんと言ってもプロムと卒業式(ガウン&角帽&タッセル)!!
いつか、プロムや卒業式のアレコレを教えてもらえたら嬉しいです!!
早速リクエストしちゃいました(^^ゞ
Posted by 哀生龍 at 2005年05月29日 02:12
実経験がないもんで…ちゃんとリサーチしてから書こうと思っていたらプロム&卒業式シーズンが終わってしまいました…。また来年っ!(逃げるなって?!)いや、そのうちに…。

tammyにとってハイスクール・プロムは憧れでありました。でも実際参加するとなったらモテ子&モテ男じゃないと大変そうですね。「いかにして人気者でいるか」が高校生活のすべてだったとある友人は振り返っておりました。

Posted by tammy at 2005年05月30日 03:47
突然の書き込み失礼いたします。不適切でしたら本コメントは削除していただいて結構でございます。
映画配給会社GAGA宣伝部です。この度全米大ヒットの灼熱のヒーローアドベンチャー超大作
「サハラ −死の砂漠を脱出せよ」の6/11公開を記念して、
「“アドベンチャー・キング”を目撃せよ!」キャンペーンを実施することになりました。
下記URLにて「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のオンライン試写のIDか、
チケットが当たるバナーを配布しております。よろしければ、下記URLへアクセスしてみてください。
期日・内容等の詳細は下記URLにてご確認ください。

URL: http://www.sahara-movie.jp/cp/

本コメントは削除していただいて結構でございます。
Posted by GAGA宣伝部 at 2005年06月03日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ギルバート・グレイプ
Excerpt: 同じ毎日が繰り返されるような田舎町を、年に1回通り過ぎるトレーラーハウスの集団。その中の1台が故障によりしばし留まる。 1人の女性の出現が、投げ込まれた小石のように静かに、そして着実に影響の波紋を広げ..
Weblog: I am invincible !
Tracked: 2005-05-29 02:01

「ギルバート・グレイプ」
Excerpt: 原題:What's Eating Gilbert Grape <1993/アメリカ>監督:ラッセ・ハルストレム原作・脚本:ピーター・ヘッジス撮影:スヴェニン・ニクヴィスト美術:ベルトン・カペラ<CAS..
Weblog: 映画はいかが...?
Tracked: 2005-05-29 03:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。